家族の楽しいひとときを作るコロンバンのクリスマスケーキ ~熟成フルーツやナッツを練りこんだ原宿はちみつ入りのプレミアムシュトーレンも初登場~

株式会社コロンバン(以下:コロンバン)は、12月20日からクラシカルでどこか懐かしい雰囲気のクリスマスケーキを販売します。
デコレーションケーキには毎年一番人気のバタークリームのケーキや、創業者が考案したといわれるショートケーキなど3種が登場。また、少人数でクリスマスを楽しむお客様向けに、思わず笑顔がこぼれるようなクリスマスモチーフのプチガトー3種も品揃え。
なお、今年は12月1日からクリスマスプレミアムシュトーレンを販売します。原宿はちみつ入りのリッチな味わいの生地にフルーツやナッツを贅沢に練りこみ焼き上げたケーキで、フルーツやナッツは、ワインやブランデーなど6種の洋酒に半年間じっくり漬けこんでいます。

 

【商品概要】


1)クラシックバターノエル
直径約12cm(税込¥2,916)、約15㎝(税込¥3,456)、約18㎝(税込¥4,536)
レシピ、製法、仕上げに渡り、代々受け継がれるこだわりのバタークリームを使用したケーキです。卵黄をシロップと一緒に攪拌したパータボンブに無塩バターを加えて作った濃厚な味わいのクリームと、卵黄をふんだんに配合したリッチな味わいのスポンジ生地の組み合わせは、多くのお客様に支持されています。

 


2)フレーズノエル
直径約12cm(税込¥3,024)、直径約15㎝(税込¥3,888)
創業当時から愛される昔ながらの「ショートケーキ」をクリスマスデコレーションにしました。甘酸っぱい苺、コクのあるスポンジ生地、リッチな味わいの生クリームが絶妙なハーモニーを奏でる王道のクリスマスケーキです。

 


3)マルキーズショコラ
直径約12cm(税込¥2916)、直径約15㎝(税込¥3,456)
バタークリームケーキにチョコレートをコーティングしました。懐かしさと新しさを感じさせる上品な味わいのクリスマスケーキです。

 


4)クリスマスプレミアムシュトーレン 税込¥3,456
原宿はちみつ入りの生地に、6種の洋酒に半年間じっくり漬け込んだフルーツやナッツを贅沢に練りこみ、焼き上げました。
※12月1日より100本限定販売
原宿本店サロン、東京駅 グランスタ店限定販売商品

 


5)クリスマスリース 税込¥540
果肉入りの洋梨のムースとショコラキャラメルムースを重ねた真っ赤なプチガトーです。

 


6)スノーマン 税込¥681
フロマージュムースを雪だるまに見立てた、大人も子供も楽しめるかわいいケーキです。

 


7)ショコラモンブラン 税込¥594
ベルギー産ショコラを使用したシャンティークリームを、ガナッシュショコラで包みました。

 

【ケーキに関する受け渡し期間】
お渡し期間 (*):2019年12月20日(金)~2019年12月25日(水)
●一部店舗については、商品や販売期間が限定される場合があります。
●予約承り期間は、シュトーレンが11月20日、ケーキが12月15日までとなります。
(*)クリスマスプレミアムシュトーレンは、12月1日~12月25日のお渡しになります。
    原宿本店サロン、東京駅 グランスタ店限定販売商品です。

 

 



クリスマスケーキをお探しの方は、是非この機会に「コロンバン 原宿本店サロン」に立ち寄ってみて下さい。


【 コロンバン 原宿本店サロン 店舗情報 】

■住所 : 東京都渋谷区神宮前6-31-19
■営業時間 : 10:00~21:00 (日・祝日のみ10:00~20:00)
■定休日 : 無休
■TEL : 03-3400-3838
■店舗情報ページ : https://www.omotesando-info.com/shop/gourmet/shop/colombin-harajuku.html

【 コロンバン 関連リンク 】
ホームページ : https://www.colombin.co.jp/
Twitter : https://twitter.com/colombin_tweet
Instagram: https://www.instagram.com/colombin_official/ ← NEW!
原宿みっころ 公式Twitter : https://twitter.com/harajukumiccolo

 

 

—————————————————————————————————
表参道&青山インフォメーションではバナー広告を募集しております
本サイト内や当ブログにバナー広告を掲載してみませんか

→ → バナー広告についてはこちら
————————————————————————————————–

2019-11-08 | Posted in GourmetNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment