「KEISUKE MATSUSHIMA」でフランス最高の生産者として名高い ドメーヌ・アラン・ブリュモンのオーナー兼製造責任者を招いてのワインメーカーズディナーを開催

keisuke-matsushima-image-1

原宿・東郷神社に隣接するフレンチレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」で、10月29日(木)、伝統品種タナを復興させた南西フランス最高の生産者ドメーヌ・アラン・ブリュモン オーナー兼醸造責任者を招いてワインメーカーズディナーを開催します。

 

【 イベント概要 】
■ イベント名 : アラン・ブリュモン ワインメーカーズディナー
■ 日時 : 2015年10月29日(木)

■ 時間 : 受付 18:30
■ 開宴 : 19:00
■ 人数 : 28名
■ 会費 : 15,000円(サービス料、税金込)
※ご予約は電話で承っています  03-5772-2091

VINS ≪Domaine Alain Brumont≫
Cirus Gascogne Blanc 2013
Château Montus Blanc 2011
Château Bouscassé Vieilles Vignes 1994
※アイテムが変更になる場合もあります

10世代に渡りワイン造りを行っている名門ブリュモン家。AOCマディランでは、近年まで近隣ボルドー人気の影に隠れていたことで、販売を重視した一部の生産者が大量生産型のワイン造りをしたため、マディラン本来のスタイル自体が失われた時期もありました。アラン・ブリュモン氏はAOCマディランのテロワールを最大限に表現したワインを復興させるべく、所有するシャトー・ブースカッセ、シャトー・モンテュス 2つの畑に土着品種タナ種を植え、その特徴を生かした、色の深い濃厚かつエレガントなスタイルのワイン造りに取り組みました。

協力:三国ワイン株式会社

■ イベント情報ページ : https://www.facebook.com/events/1486938401607250/

 

keisuke-matsushima-brumont-1

1979年 アラン・ブリュモン、父親所有のヴィンヤード “シャトー・ブースカッセ” を継承
1980年 アラン・ブリュモン、“シャトー・モンテュス” を購入。この時、タナ種の持つ可能性を確信。
1982年 シャトー・モンテュス ファーストヴィンテージ
1985年 シャトー・モンテュス キュヴェ プレステージ ファーストヴィンテージ
1995年 シャトー・モンテュスの新ワイナリー建設 (通称 : タナ大聖堂)
1991年 ゴー・ミヨー誌 80年代を代表するワインメーカー
1991年 フィガロ誌 ここ10年でもっとも優秀なワインメーカー第1位
1997年 ナポレオン1世により制定されたフランス最高勲章「レジョン・ドヌール」(Legion d’honneur)受勲
2003年 ワインスペクテーター誌 TOP100ワイン 29位獲得 シャトー・ブースカッセV.V.’00

 

【 KEISUKE MATSUSHIMA 店舗概要 】
■ 住所 : 東京都渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前 1F
■ 営業時間 : ランチ 11:30~15:00 (LO 14:00) / ディナー 18:00~23:00 (LO 21:00)
 ※日曜日のディナーは17:00から営業
 ※なお、月曜日が祝日の際は日曜日通常営業、月曜日が17:00~22:00(L/O 20:00)となります。
■ 定休日 : 不定休
■ TEL :  03-5772-2091(ご予約専用) / 03-5772-2151(ご予約以外)

【KEISUKE MATSUSHIMA 関連リンク 】
■ ホームページ http://www.restaurant-i.jp/
■ Facebook https://www.facebook.com/KEISUKEMATSUSHIMATokyo/

 

 

 

 

—————————————————————————————————
表参道&青山インフォメーションではバナー広告を募集しております
本サイト内や当Webマガジンにバナー広告を掲載してみませんか

→ → バナー広告についてはこちら
————————————————————————————————–

 




2015-10-15 | Posted in Event, GourmetNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment