表参道に本格オーガニック抹茶スタンド「THE MATCHA TOKYO 表参道」がオープン! 完全有機栽培のオーガニック抹茶にこだわったラテなど提供

有機栽培で製造されたオーガニック抹茶のみを製造・販売する、THE MATCHA TOKYO株式会社は、11月3日(土)、表参道に抹茶スタンド「THE MATCHA TOKYO 表参道」をオープンしました。


抹茶コーヒーラテ 600円

本格抹茶をもっと気軽に楽しんでもらいたいという思いから、カウンター席をメインに、スタイリッシュなデザインにいたしました。また店内で使用されている、カウンターやラックは、抹茶を栽培する工程で使用する道具からヒントを得てデザインし、自然と抹茶栽培の道具に触れられる空間にしました。
提供する抹茶は、茶葉まるごと食すものだからこそ、完全有機栽培のオーガニック抹茶にこだわり、抹茶ラテや抹茶コーヒーラテなどバラエティ豊かなドリンクを提供します。

 

【店舗情報】


店舗名  : THE MATCHA TOKYO 表参道
所在地  : 東京都渋谷区神宮前6−6−6
営業時間 : 8:30~20:00(L.O19:30)
URL   : https://www.the-matcha.tokyo
Instagram: https://www.instagram.com/the_matcha_tokyo/

 

【メニュー】※ 価格は全て税抜


●抹茶ラテ(ホット・アイス) 550円
鹿児島産の茶葉を3種ブレンドした抹茶を使用。ラテでも抹茶の旨みを感じられるよう、力強い味が特徴の茶葉を使用しました。

●抹茶(ホット) 450円
香り高い京都産の五香に、力強い味わいが特徴の鹿児島産の茶葉3種をブレンドしたTHE MATCHA TOKYOオリジナルのブレンド「JAPAN PREMIUM」を使用。甘み・香り・色味のバランスがとれた最高級品。お点前セットで抹茶を点てる体験もできます。

●抹茶コーヒーラテ 600円
ずっしりとした味わいの抹茶に華やかなコーヒーとスッキリしたミルクの斬新なマリアージュをお楽しみいただけます。新しい美味しさの発見です。

●MATCHA EXPERIENCE 1,000円
店内で点てられる抹茶のセット。自宅でも簡単に抹茶が楽しめるスタイルを提案。

 

<商品>


●100%OrganicMatcha Powder スティックタイプ(1.5g×3個)
KYOTO UJI   850円
JAPAN PREMIUM 850円

●100% Organic Matcha Powder バルクタイプ(20g)
やぶきた    1,400円
おくみどり   2,200円
KYOTO UJI   2,900円
JAPAN PREMIUM 2,900円
五光      5,000円

●Matcha Latte
スティックタイプ(10g×3個)  850円
バルクタイプ(100g)     2,600円


※ 価格は全て税抜
※ THE MATCHA TOKYOの商品は、有機JAS、コーシャ(kosher)の認定を受けてます。
※ 商品はTHE MATCHA TOKYO株式会社でも取り扱っています。

 


本格抹茶をスタンドでお点前をする、新しい抹茶文化の提案をこの「THE MATCHA TOKYO 表参道」で発信していきます。

 

【THE MATCHA TOKYO株式会社について】


有機栽培にこだわった抹茶を製造・販売。抹茶本来の味・魅力をたくさんの方々にもっと気軽に本格的な味を知ってもらいたいという思いから、有機栽培の抹茶のみにこだわり、日本を代表するお茶の産地、京都宇治・鹿児島・静岡の数ある茶園から、土壌作り・手摘みなど、品質にこだわりを持った茶園をセレクトし、複数の茶葉を自社オリジナルブレンドにすることで、有機栽培では表現することが難しい抹茶の「旨み」を見事に表現する抹茶を開発。気軽に抹茶を楽しめるよう、個包装にすることにこだわったパッケージを販売し、自社ホームページ・Amazon.comで販売中。その他、海外への認知活動も幅広く行っており11月~1月の2ヶ月間、期間限定にてフランス・パリで販売、ノルウェー商工会議所の会員でもあるなど、海外の方にも抹茶本来の魅力を知ってもらうべく、活動。

 

 

—————————————————————————————————
表参道&青山インフォメーションではバナー広告を募集しております
本サイト内や当ブログにバナー広告を掲載してみませんか

→ → バナー広告についてはこちら
————————————————————————————————–




2018-11-05 | Posted in Gourmet, New OpenNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment